雪缘园比分,雪缘园足球比分

图片动画
图片动画
深セン市ソフトウェア産業協会
Shenzhen Software Industry Association


深セン市ソフトウェア産業協会(SSIAShenzhenSoftwareIndustryAssociation)は1988年に設立され、ソフトウェア開発、販売、システムインテグレーション、情報サービスに携わる企業·機関及びソフトウェア産業にコンサルティングサービス、人材育成、投資および資金調達サービス等を提供する関連企業·機関が発起人となって設立した団体である。現在、本会傘下協会の会員数は約3700?団体となり、専任スタッフが約30人余りいる。

深セン市ソフトウェア産業協会は「産業ファースト、サービス優先」を趣旨とし、すべての深センソフトウェア会社にサービスを提供する。2000年以来、本協会は深セン市政府関連部門がソフトウェア産業に対して国が補助している各種税収優遇措置を享受することを支援してきた。

協会サービスプラットフォームを通じて、ソフトウェア製品の産業化した公共サービスプロジェクトを積極的に実施してきた。既に始まっている公共サービスプロジェクトには以下のようなものが含まれる。 

 ?ソフトウェア企業評価

 ?ソフトウェア製品評

 ?情報システム集成資質審査

 ?ソフトウェア製品テスト

 ?ソフトウェア著作権登録

 ?特許権申請の代理

 ?技術コンサルティングサービス

 ?科学技術成果の鑑定

 ?科学技術金融サービス

公共サービスは範囲が幅広く、ソフトウェア製品の産業化のすべての段階をカバーし、深セン市のソフトウェア産業の発展を促す上で重要な役割を果たした。中国の大中都市の中で、深セン市のソフトウェア収入額は中国国内第2位に位置している。ソフトウェアの輸出量は連続して国内1位を保った。

現在、情報技術革命は人間社会に大きな変革を起こした。経済が急速に発展してきた今日、モバイルインターネット、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、IOTAi、スマート製造等の新技術が速いスピードで発展している。次世代の情報技術、新エネルギー、新材料、総合健康等の新興産業が未来の経済発展を先導する。この情報技術革命ではソフトウェアが中心的な役割を果たし、世界を動かす。

深セン市ソフトウェア産業協会は業界団体として、時代と歩調を合わせ、理念を革新し、リソースを統合し、情報プラットフォームを拡張し、ソフトウェア産業エコシステムを構築し、ソフトウェア企業の発展をさせる役割を担っている。